【北海道森・鮨おおね田】函館から1時間かけて来る価値があるか!?美味しい寿司!昼飲みランチもおすすめ 食べ歩きブログ
SNSフォローボタン
もものひきをフォローする

【北海道森・鮨おおね田】函館から1時間かけて来る価値があるか!?美味しい寿司!昼飲みランチもおすすめ 食べ歩きブログ

おおね田 アイキャッチ 北海道
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【北海道森・鮨おおね田】

函館から1時間かけて来る価値があるか!?

美味しい寿司!昼飲みランチもおすすめ

食べ歩きブログ

北海道函館本線森駅の鮨おおね田おすすめ寿司

どーも、もものひきです。

今回は北海道!!

函館旅行に行こうとなったので

調べに調べてもものひきが気になったお店は

鮨おおね田さん!!

函館から少し離れていますが

かなり気になったお寿司屋さんです。

果たして片道1時間かけていく価値があるのか!?

コスパ噴火級!!鮨おおね田へのアクセス

函館駅から1時間ほどの

イカ飯で有名な森駅が最寄り駅になります。

森駅からルーストンホテルさんの脇道の

坂道を徒歩で5分ほどあがっていくと

見える鮨おおね田さんの外観がこちら

おおね田 外観

ひっそりと佇む寿司屋さん

いやー函館からは遠かったw

鮨おおね田の総括

料金(一人当たり) : ランチ4000円~

            ディナー8000円〜

場所     : 北海道茅部群森町

      : 完成度の高い握りで至福の時間を過ごせます

雰囲気      : カジュアル

使い方      : 普段使い

鮨おおね田の寿司

ランチのコースは

基本お任せのみになるそうです。

隣の席に座っていた常連さんと

お話しして聞いた感じだと

常連さんになれば

色々とランチからでも

出してもらえそうです。

北海道民ならまだしも

青森県民には

ちとハードル高めですね 😥

ランチコースは4000円からと

とてもリーズナブルです!

ただ、1時間かけてただ安いだけの寿司でした。

っていう結末は避けたい・・・

さてさてどうなるか・・・

一貫目ヒラメ

おおね田 ヒラメ

しっかり締められてます。

昆布の香りが広がり

寝かされて甘みが増した

ヒラメを味わっていると

柑橘系の香りが鼻に抜ける

爽やかな握りでした。

この一貫で

おおね田さんの味に期待がますます膨らみ

一方で不安はなくなりました。

たぶん、ここ来る価値があるどころちゃうわ。。

こなあかん寿司屋さんやわ。ってなりましたね!

二貫目炙りほっけ

おおね田 炙りほっき

こちらは炙る意味を

はっきりと理解させてくれる一貫

炙ることにより甘みが

何十倍にもなっています

ただもともと甘い可能性もありw

甘味の増幅だけでなく

炙ったことにより

香ばしくなっており

ほっき大好きな

もものひき嫁は

二貫目にしてノックアウト寸前でした。

三貫目えび

おおね田 えび

こちらもよい!!

エビの卵って美味しいものをいただいたこと

あまり多くない印象ですが

久々に卵って美味しかったんや

と思い出させてくれました

エビ味噌と卵、このコンビネーションは

エビの甘みにかなり深みを持たせてくれます。

お酒進んでまう握りでした。

おおね田さんに完敗です。

四貫目毛蟹

おおね田 毛ガニ

でました、

蟹味噌混ぜた毛ガニのほぐし身の握り

もーうまいのわかりきってるやん

。。。

とーぜんうまいす!

えびでも同じことゆうてますが

味噌ってなんでこんなに深いコクがでるんでしょうか?

毛蟹の風味を満喫できる一貫でした。

五貫目鰆??

おおね田 鰆

だったと思います。

ネタ見ただけでわかる方

教えてくださいw

11月ごろ来店して

脂も十分にのっていたので

旬な鰆でいいかと思うんですが・・・

六貫目トロ

おおね田 トロ

しっかり寝かしているようで

適度に柔らかく

イノシン酸が増幅しているのか

トロでも十分に身の旨みがありました。

トロでこれほど旨みが強いと

赤みにはものすごく期待してしまいますね

もし、コースに入っていなければ

追加しようとこの時

既に考えてましたw

七貫目アジ

おおね田 アジ

こちらは少し変わり種

というか、初めましての見た目

昆布シートと鯵の間に

いるのはガリ

まだ、変わり種より

ベーシックな握りが好きな

素人なので

どんななん?ホンマに美味しい?

と、疑いの目

食べてみると

はい。ごめんなさい。

美味しいです

アジは脂の旨味や香りを楽しむものと思っていましたが

昆布シートにより、より香りがたち

まるで合わせだしを飲んだような味わい

そこにガリの甘酸っぱくも

しゃりしゃりとした口当たりが

乗っかってきて

これまでのアジのお寿司とは

一線引いた握りでした。

創作も良いではないか!

と、思わせてくれる一貫でした。

おおね田さんのセンスがたまりません。。

めっちゃはまっています、もものひき夫婦。

八貫目炙りの白子

おおね田 白子

炙りの白子はお塩でいただきます

塩により一層白子の甘味が強くでて

醤油ではないため白子独特の香りを

よりストレートに感じることができます。

ただ残念かな

少し旬より早いためか

まだ乗り切ってない感も。

こればかりは時期の問題なので

旬の時期にいただければ

最高に美味しいと思います。

九貫目いくら

おおね田 いくら

朝採れとおっしゃっていたかな??

漬けは浅く

しかし、

お出汁の味は吸っており

非常にもものひき好みの味付けでした。

シャリは他のねたよりもほぐれやすくしている??

口の中での一体感が抜群の握りでした。

いくらは実家でも

毎年何回も作る最強な義母さんがいるので

厳しくなってしまいますが

さすがはおおね田さんおいしかったです。

十貫目馬糞うに

おおね田 うに

甘くて独特の臭みがなく

おいしかったです。

もものひきの嫁の実家では

毎年市場から直接ウニを仕入れるので

その年の良し悪しがわかります。

去年は非常に甘みが強いものが多かったですが

その中でも甘いうにでした。

以上でコースは終わり

ここからは追加分です。

11貫目サバ

おおね田 サバ

こちらも昆布シートが。

〆サバに昆布シートて

と、相変わらず不安げなところ

やはりやはり

いい意味で裏切ってきます

ええやないかい!

他では食べれない握りです。

おおね田さんは匂いが独特で

好みが分かれるネタに昆布シートを使うんですかね?

12貫目てって(カワハギ)

おおね田 かわはぎ

みるからにうまそうな顔してる

肝!!

いつも家で食べてる肝よりも

臭みもなく濃ゆいなー

とおもって大将に下処理の話聞いたら

塩して水分を抜いているとのこと

きれいに洗うだけやとおもってた・・・

塩をすることで肝の臭みも抜け

甘味だけが強くなるという

天才なテクニック聞いた!!

次、手に入ったらやってみる。

この握りも大満足でした

13貫目赤身

おおね田 赤身

そろそろお腹いっぱいになりながらも

これだけはと

さらに追加で

見たらわかるうまいやつやー

旨味もやらかさも

トロとは違う赤身ならではの

シャリとの一体感!

これだけ美味しいものとお酒を三杯頂いて

二人でなんと1.3万円!!

コスパエグい!

エグいてコスパ!!

築地のお気に入りの店にも

匹敵するコスパです!

場所はちょっと遠いですが足を伸ばす価値ありなお店でした!

 

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
北海道
スポンサーリンク
シェアする
もものひきをフォローする
ごらくらぶ

コメント