【青森県弘前市・ふく茶庵】和食ふぐ小料理の美味しいお店 おすすめコース完全予約制 食べ歩きブログ
SNSフォローボタン
もものひきをフォローする

【青森県弘前市・ふく茶庵】和食ふぐ小料理の美味しいお店 おすすめコース完全予約制 食べ歩きブログ

ふく茶庵 てっさ 青森
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【青森県弘前市・ふく茶庵】

和食割烹・ふぐ・小料理の美味しい完全予約制店

食べ歩きブログ

青森県弘前市和食割烹のふく茶庵

どーも、もものひきです。

今回は青森県弘前市で

和食割烹、ふぐやすっぽんのコースを

出してくれる貴重なお店

ふく茶庵さんを紹介します!

基本完全予約制で平日のタイミングが合うと貸切状態になることもあり

プライベート空間で

美味しい料理をいただけることも?!

先日白子を付けたふぐのコースを頂いてきたので

ご紹介します。

和食・ふぐ ふく茶庵へのアクセス

弘前駅から3号線で弘前公園方面に走って

スマイルホテルさんや中三さんを過ぎ

ミニストップさんや菊池薬局さんの角も直進し坂を上がり始めるところの右手に

お店の入り口があります。

最初見つけられなかったのでこの外観を覚えてから伺ってくださいw

ふく茶庵 外観

引用:モチゾウのグルメな旅

和食・ふぐ ふく茶庵の特徴

ふく茶庵さんの最大の特徴は

板前さんの一皿一皿への

もしくはお客さん一人一人に対する本気度です!

ふぐやすっぽんのコースは板前さんを独占してしまう状態になる為

同日の両コースの予約は断るのだとか。

女将さんと二人で回されているので

時間に余裕持った立ち回りができるようにと考えられているのですかね?

それほど一皿一皿へのこだわりは強いと感じます。

実際のお料理も後で紹介しますが

手間暇かけて作られています。

これだけだと堅物な板前さんのイメージですが

実際のところ大変気さくな方で

もものひきのような鼻水垂らした若造の

質問にも丁寧に説明していただき

いい時間を過ごすことができました。

和食・ふぐ ふく茶庵の総括

料金(一人当たり) : ディナー5000〜15000円

場所     : 青森県弘前市土手町

味       : 素材の1番美味しい食べ方を実感できる

雰囲気      : 落ち着きのある

使い方      : 会食、接待、お祝い

和食・ふぐ ふく茶庵の料理

先付けの前にまず出てきたのは

ふく茶庵 吟醸煮

白子の吟醸煮

吟醸酒によってより甘く、柔らかくなり

白子のクリーミーさが際立つ一品

 

続いて先付けのふぐかわポン酢びたし

ふく茶庵 身皮ポン酢浸し

まるでホルモンのようなチューインさと

白身とは思えないふぐ独特の旨味が

酸味のあるポン酢にマッチしてます。

 

焼き白子の茶碗蒸し

ふく茶庵 白子茶碗蒸し

焼きが入ることで余分な水分が抜け

一層旨味がたちます。

そこに少し酸味を加えたソースが合わさり

また全然違う味わいを楽しめました。

茶碗蒸し自体は少しだけ味が濃かった印象。

 

前菜は

ふく茶庵 先付

ズワイガニの味噌和え

アワビ柔らか煮

赤貝と菜の花の辛子味噌

黄身塩辛?を乗せた焼きイカ

塩麹タン

酒粕?数の子

若竹の子の炊いたん

の7品目!

贅沢です。

特にお気に入りは黄身の塩辛??だかのソースです。

(右下から2番目の黄色いソース)

食べたことないものなんですが

黄身の濃いぃぃ味が活かされており

これだけでしばらく呑めるほど美味しいソースでした。

 

ようやく中盤、てっさ

ふく茶庵 てっさ

コースの一人前とは思えない量

外側の刺身は薄造りで

内側の刺身はそれよりは若干分厚めな造りになっています。

これにより歯応えの違いが生まれます。

細かいところまで気を配って料理されてるのが分かります。

さらにこのテッサの一押しはつけだれです。

ポン酢はもちろん美味しいですが

その横の付けだれはポン酢に細かく刻んだあん肝が入っており、

淡白なお造りに違いを出してくれる魔法のタレです。

 

焼き白子

ふく茶庵 焼き白子

コース最後の白子はやはり塩焼き

これが一番甘味、旨味がダイレクトに伝わります。

そして水分できった皮部分のうまさたるや!!

 

やきものは

ふく茶庵 焼き②ふく茶庵 焼き①ゆずとネギを細かく刻んだ

タレにつけた身皮とカマの部分になります。

身皮は周りが白くなる程度内側は半生でいただくとのこと。

表面はチューインに内側ではとろけるように柔らかい食感を楽しめます。

そしてカマ、ふぐのカマを焼いていただくのは初めてです。

焼き上がりはこんな感じ

ふく茶庵 焼き③

見たらわかる美味いやつやーっ!

例えこれだけでもきた価値があるなと思うほど絶品でした!

 

続いてふぐの竜田揚げになります。

ふく茶庵 竜田揚げ

正直ふぐの唐揚げって美味しいんですが

そんな飛び跳ねるほどってことは今までなかったんですよ。

せやから普通に美味しいやろうなーでもまぁ唐揚げやしフンって感じだったんですよ。

そしたらこの竜田揚げはちょい今までのものとは違う。

骨髄周辺のふぐの身を竜田揚げにしているため

トロッとした身と血溜まり?のような味が濃いぃー部分が同居していて

旨味がすんっごい!!

ふく茶庵 竜田揚げ②

大満足な揚げもんでした!

 

お腹だいぶいっぱいですがここから

てっちり

ふく茶庵 てっちり

ふく茶庵 てっちり③

これまた美味しい。

基本骨周りの身ですね。

お店によって身の切り分け使い分けが違いますが

ふく茶庵さんでは雑炊のために骨身にしているんですかね?

合間にふぐの煮凝りもいただき大満足です。

ふく茶庵 煮凝り

 

そしてその雑炊

ふく茶庵 雑炊

お出しの美味しいこと。

お腹いっぱいやしお酒も回り始めて舌バカになってきてるのに

めっちゃだし美味しいのわかる!

しらふで頂いたらどんなおいしんやろっ?!

 

そして甘物

ふく茶庵 水物

フルーツと抹茶の生葛です。

ふく茶庵さんで生葛をいただけると思っていなかったので嬉しい誤算!

トゥルンットゥルンの喉越しを楽しんでご馳走様でした。

お値段以上のふぐのフルコースを楽しむことができました!

 

読んでいただきありがとうございます。

コメント